So-net無料ブログ作成

ホームベーカリーの食パンと、市販の食パンの違いについて [ホームベーカリーの食パン&市販の食パン]

ホームベーカリーの食パンと、市販の食パンの違いについて一言二言述べたいと思います。

ホームベーカリーの食パン2.jpg

ホームベーカリーで食パンを焼いてみようか迷っている初心者にとって、市販の食パンとは、どんなところが違うのか気になっているのではないでしょうか?

ホームベーカリーの食パンと、市販の食パンの違いの一番は、重さが違います。
一斤の場合においては、約20%ほどホームベーカリーの食パンの方が重たいです。
ずっしりとした感じですね。

市販の食パンを買って「マーガリンをぬってトーストしたらペッチャンコになっちゃった」なんて経験ありませんか?

ホームベーカリーの食パンは、ズッシリとした感じで「ペッチャンコになっちゃった」なんてことはないです。パン食べたぞという感じが強いですよ!


ホームベーカリーの食パンを作る時にはドライイーストを使用しますが、市販の食パンはイーストフードを使用しています。
イーストフードは主に市販のパンを作る際に入れられる食品添加物ですが、ドライイーストは天然酵母なんですよ。

「なるべく食品添加物は避けたい」と思っているパン好きな人には、やっぱりホームベーカリーの食パンをチョイスするのではないでしょうか。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。